You are about to redirected to Vmware's Upgrade Portal

アップグレードをご購入いただくには、次のページにてMy VMwareのユーザ名と パスワードを入力してアップグレードポータルにアクセスし、アップグレードする ライセンスキーを選択してください。対象のライセンスキーが見つからない場合 はMy VMwareの「製品の登録」メニューでライセンスキーをご登録の上、再度 お試しください。 このアップグレードポータルは英語サイトですが、ライセンスキー選択後に日本語の オンラインストアに戻ります。ご質問がある場合はサポートにお問い合わせください。

続行
ストア ホーム / アップグレード

アップグレード

 
Fusion 11 へのアップグレード

Fusion 11 へのアップグレード

VMware Fusion は、最も快適な 「Mac 上の Windows 環境」 を実現します。ホーム ユーザーに最適で、Windows アプリケーションを Mac 上で高速かつ安定的に実行できます。

アップグレード の購入オプション

Fusion 11 へのアップグレード の詳細

  • Windows 10、macOS、Linux の最新バージョンに対応
  • DirectX 10.1 のサポートによる高速 3D グラフィック機能
  • 進化したインターフェイス
  • Windows 固有のデバイスを Mac 上で使用
  • Boot Camp の機能を完全に補完

ハードウェア

2011 年以降にリリースされた Mac がサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • Intel® Xeon® W3565 プロセッサー搭載の Mac Pro (2012) クアッド コア モデル

また、次の Mac もサポート対象です。

  • Mac Pro (2010) の 6 コア、8 コア、12 コア モデル

ソフトウェア

  • macOS 10.12 Sierra 以降

Metal ホスト グラフィックス レンダリング エンジン:

ハードウェア

  • MacBook (Early 2015)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac Mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2013 以降)

ソフトウェア

  • macOS 10.12.5 以降

Metal に対応する Mac については、次の URL から Apple 社のドキュメントを参照してください。 https://support.apple.com/en-us/HT205073

  • 登録後 18 か月間の E メールによるサポート
  • 次回のメジャー リリースでアップグレード価格の適用が可能
  • Windows 10、macOS、Linux の最新バージョンに対応
  • DirectX 10.1 のサポートによる高速 3D グラフィック機能
  • 進化したインターフェイス
  • Windows 固有のデバイスを Mac 上で使用
  • Boot Camp の機能を完全に補完

ハードウェア

2011 年以降にリリースされた Mac がサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • Intel® Xeon® W3565 プロセッサー搭載の Mac Pro (2012) クアッド コア モデル

また、次の Mac もサポート対象です。

  • Mac Pro (2010) の 6 コア、8 コア、12 コア モデル

ソフトウェア

  • macOS 10.12 Sierra 以降

Metal ホスト グラフィックス レンダリング エンジン:

ハードウェア

  • MacBook (Early 2015)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac Mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2013 以降)

ソフトウェア

  • macOS 10.12.5 以降

Metal に対応する Mac については、次の URL から Apple 社のドキュメントを参照してください。 https://support.apple.com/en-us/HT205073

  • 登録後 18 か月間の E メールによるサポート
  • 次回のメジャー リリースでアップグレード価格の適用が可能

合計

6,253円

価格には消費税が含まれます

発注書
Fusion 11 Pro へのアップグレード

Fusion 11 Pro へのアップグレード

VMware Fusion Pro は上級ユーザー、開発者、IT 管理者を対象としており、Mac 環境での仮想化をさらに強化する高度な最新機能を備えています。 最先端のデスクトップ仮想化機能にクラウド関連機能を追加した VMware Fusion Pro は、高性能な仮想マシンを提供し、卓越したパフォーマンスと高い操作性を可能にします。

アップグレード の購入オプション

Fusion 11 Pro へのアップグレード の詳細

  • macOS Sierra 向けに設計され、Windows 10 の最新リリースに対応
  • 再起動なしで、ほぼすべてのオペレーティング システムを Mac 上で実行
  • リンク クローンを作成し、時間とディスク容量を節約
  • カスタムの仮想ネットワーク構成を作成し、複雑な Web またはクラウド環境のシミュレーションに利用
  • vSphere または に接続して、仮想マシンの実行、ダウンロード、アップロードが可能
  • 仮想マシンに有効期限を設定することが可能

ハードウェア

2011 年以降にリリースされた Mac がサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • Intel® Xeon® W3565 プロセッサー搭載の Mac Pro (2012) クアッド コア モデル

また、次の Mac もサポート対象です。

  • Mac Pro (2010) の 6 コア、8 コア、12 コア モデル

ソフトウェア

  • macOS 10.12 Sierra 以降

Metal ホスト グラフィックス レンダリング エンジン:

ハードウェア

  • MacBook (Early 2015)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac Mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2013 以降)

ソフトウェア

  • macOS 10.12.5 以降

Metal に対応する Mac については、次の URL から Apple 社のドキュメントを参照してください。 https://support.apple.com/en-us/HT205073

  • 登録後 18 か月間の E メールによるサポート
  • 次回のメジャー リリースでアップグレード価格の適用が可能
  • macOS Sierra 向けに設計され、Windows 10 の最新リリースに対応
  • 再起動なしで、ほぼすべてのオペレーティング システムを Mac 上で実行
  • リンク クローンを作成し、時間とディスク容量を節約
  • カスタムの仮想ネットワーク構成を作成し、複雑な Web またはクラウド環境のシミュレーションに利用
  • vSphere または に接続して、仮想マシンの実行、ダウンロード、アップロードが可能
  • 仮想マシンに有効期限を設定することが可能

ハードウェア

2011 年以降にリリースされた Mac がサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • Intel® Xeon® W3565 プロセッサー搭載の Mac Pro (2012) クアッド コア モデル

また、次の Mac もサポート対象です。

  • Mac Pro (2010) の 6 コア、8 コア、12 コア モデル

ソフトウェア

  • macOS 10.12 Sierra 以降

Metal ホスト グラフィックス レンダリング エンジン:

ハードウェア

  • MacBook (Early 2015)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac Mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2013 以降)

ソフトウェア

  • macOS 10.12.5 以降

Metal に対応する Mac については、次の URL から Apple 社のドキュメントを参照してください。 https://support.apple.com/en-us/HT205073

  • 登録後 18 か月間の E メールによるサポート
  • 次回のメジャー リリースでアップグレード価格の適用が可能

合計

14,893円

価格には消費税が含まれます

発注書
Workstation 15 Pro へのアップグレード

Workstation 15 Pro へのアップグレード

VMware Workstation Pro は、これまでと同様、技術担当者の日々の業務に役立つ革新的な機能を提供します。 Windows 10 の最新リリースや高性能な仮想マシンをサポートするほか、ユーザー インターフェイスも強化されているため、シームレスかつ直観的で接続性の高い業務環境を実現します。

*Workstation Pro を実行するには、64 ビットのプロセッサーと 64 ビットのホスト OS が必要です。

アップグレード の購入オプション

Workstation 15 Pro へのアップグレード の詳細

  • 同じ PC 上で複数のオペレーティング システムを同時に実行
  • ゲスト OS とホスト OS を幅広くサポート
  • Windows 10 の最新リリースに対応
  • 制限付きの仮想マシンと期限付き仮想マシンの作成
  • VMware Workstation Pro をサーバーとして実行し、仮想マシンを共有
  • 仮想タブレット センサー (加速度計、ジャイロスコープ、コンパスなど) のサポート
  • VMware のインフラストラクチャ全体で仮想マシンの移動と利用が容易

2011 年以降にリリースされたプロセッサーを搭載するシステムがサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • 2011 年の Bonnell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom Z670/Z650、Atom N570)
  • 2012 年の Saltwell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom S1200、Atom D2700/D2500、Atom N2800/N2600)
  • Llano および Bobcat マイクロアーキテクチャをベースとした AMD プロセッサー (例:開発コード名 「Hondo」、「Ontario」、「Zacate」、「Llano」)

また、次のプロセッサーもサポート対象です。

  • 2010 年の Westmere マイクロアーキテクチャをベースとした Intel プロセッサー (例:Xeon 5600、Xeon 3600、Core i7-970、Core i7-980、Core i7-990)
  • 3 GHz 以上の CPU
  • 2 GB 以上のメモリ (推奨 4 GB 以上)

ホスト OS

  • Ubuntu 14.04 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6 以降
  • CentOS 6.0 以降
  • Oracle Linux 6.0 以降
  • open SUSE Leap 42.2 以降
  • SUSE Linux 12 以降

ゲスト OS

200 以上のオペレーティング システムがサポートされています。その一部を次に示します。

  • Windows 10
  • Windows 8.X
  • Windows 7
  • Windows XP
  • Ubuntu
  • Red Hat
  • SUSE
  • Oracle Linux
  • Debian
  • Fedora
  • openSUSE
  • Mint
  • CentOS

サポート対象のホスト OS およびゲスト OS については、VMware の互換性ガイドを参照してください。

VMware Workstation Pro は、次の 64 ビット* Windows または Linux ホスト OS で動作します。

  • Windows 10
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Ubuntu
  • Red Hat Enterprise Linux
  • CentOS
  • Oracle Linux
  • openSUSE
  • SUSE Linux Enterprise Server

最新のオペレーティング システム サポートについては、VMware の互換性ガイドを参照してください。

*VMware Workstation 15 Pro を実行するには、64 ビットのプロセッサーと 64 ビットのホスト OS が必要です。

*Intel 「Nahalem」 以前の CPU はこのリリースではサポートされていません。

  • 同じ PC 上で複数のオペレーティング システムを同時に実行
  • ゲスト OS とホスト OS を幅広くサポート
  • Windows 10 の最新リリースに対応
  • 制限付きの仮想マシンと期限付き仮想マシンの作成
  • VMware Workstation Pro をサーバーとして実行し、仮想マシンを共有
  • 仮想タブレット センサー (加速度計、ジャイロスコープ、コンパスなど) のサポート
  • VMware のインフラストラクチャ全体で仮想マシンの移動と利用が容易

2011 年以降にリリースされたプロセッサーを搭載するシステムがサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • 2011 年の Bonnell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom Z670/Z650、Atom N570)
  • 2012 年の Saltwell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom S1200、Atom D2700/D2500、Atom N2800/N2600)
  • Llano および Bobcat マイクロアーキテクチャをベースとした AMD プロセッサー (例:開発コード名 「Hondo」、「Ontario」、「Zacate」、「Llano」)

また、次のプロセッサーもサポート対象です。

  • 2010 年の Westmere マイクロアーキテクチャをベースとした Intel プロセッサー (例:Xeon 5600、Xeon 3600、Core i7-970、Core i7-980、Core i7-990)
  • 3 GHz 以上の CPU
  • 2 GB 以上のメモリ (推奨 4 GB 以上)

ホスト OS

  • Ubuntu 14.04 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6 以降
  • CentOS 6.0 以降
  • Oracle Linux 6.0 以降
  • open SUSE Leap 42.2 以降
  • SUSE Linux 12 以降

ゲスト OS

200 以上のオペレーティング システムがサポートされています。その一部を次に示します。

  • Windows 10
  • Windows 8.X
  • Windows 7
  • Windows XP
  • Ubuntu
  • Red Hat
  • SUSE
  • Oracle Linux
  • Debian
  • Fedora
  • openSUSE
  • Mint
  • CentOS

サポート対象のホスト OS およびゲスト OS については、VMware の互換性ガイドを参照してください。

VMware Workstation Pro は、次の 64 ビット* Windows または Linux ホスト OS で動作します。

  • Windows 10
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Ubuntu
  • Red Hat Enterprise Linux
  • CentOS
  • Oracle Linux
  • openSUSE
  • SUSE Linux Enterprise Server

最新のオペレーティング システム サポートについては、VMware の互換性ガイドを参照してください。

*VMware Workstation 15 Pro を実行するには、64 ビットのプロセッサーと 64 ビットのホスト OS が必要です。

*Intel 「Nahalem」 以前の CPU はこのリリースではサポートされていません。

合計

18,565円

価格には消費税が含まれます

発注書
Workstation 15 Player へのアップグレード

Workstation 15 Player へのアップグレード

VMware Workstation Player は、デスクトップを効率的に仮想化するアプリケーションです。1 台のコンピューターで、1 つ以上のオペレーティング システムを再起動なしで実行できます。 シンプルなユーザー インターフェイス、広範なオペレーティング システムのサポート、優れた可搬性により、これまでになく容易に企業のデスクトップをユーザーに提供し、稼働させることができます。

*Workstation Player を実行するには、64 ビットのプロセッサーと 64 ビットのホスト OS が必要です。

アップグレード の購入オプション

Workstation 15 Player へのアップグレード の詳細

  • 商用環境向けライセンス
  • Windows または Linux PC 上で、管理されたデスクトップを提供する最良の手法
  • 幅広い種類のオペレーティング システムをサポートすることで、優れた互換性を実現
  • Workstation Pro または Fusion Pro で作成された制限付き仮想マシンを実行
  • 最新ハードウェア上の仮想環境で、Windows XP または Windows 7 の実行が可能

2011 年以降にリリースされたプロセッサーを搭載するシステムがサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • 2011 年の Bonnell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom Z670/Z650、Atom N570)
  • 2012 年の Saltwell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom S1200、Atom D2700/D2500、Atom N2800/N2600)
  • Llano および Bobcat マイクロアーキテクチャをベースとした AMD プロセッサー (例:開発コード名 「Hondo」、「Ontario」、「Zacate」、「Llano」)

また、次のプロセッサーもサポート対象です。

  • 2010 年の Westmere マイクロアーキテクチャをベースとした Intel プロセッサー (例:Xeon 5600、Xeon 3600、Core i7-970、Core i7-980、Core i7-990)
  • 3 GHz 以上の CPU
  • 2 GB 以上のメモリ (推奨 4 GB 以上)

ホスト OS

  • Ubuntu 14.04 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6 以降
  • CentOS 6.0 以降
  • Oracle Linux 6.0 以降
  • open SUSE Leap 42.2 以降
  • SUSE Linux 12 以降

ゲスト OS

200 以上のオペレーティング システムがサポートされています。その一部を次に示します。

  • Windows 10
  • Windows 8.X
  • Windows 7
  • Windows XP
  • Ubuntu
  • Red Hat
  • SUSE
  • Oracle Linux
  • Debian
  • Fedora
  • openSUSE
  • Mint
  • CentOS

サポート対象のホスト OS およびゲスト OS については、VMware の互換性ガイドを参照してください。

VMware Workstation Player は、次の 64 ビット Windows または Linux ホスト OS で動作します。

  • Windows 10
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • Ubuntu 16.04
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1
  • CentOS 7.1
  • Oracle Linux 7
  • openSUSE 13.2
  • SUSE Linux Enterprise Server 12

最新のオペレーティング システム サポートについては、VMware の互換性ガイドを参照してください。

*VMware Workstation 15 Player を実行するには、64 ビットのプロセッサーと 64 ビットのホスト OS が必要です。

*Intel 「Nahalem」 以前の CPU はこのリリースではサポートされていません。

  • 商用環境向けライセンス
  • Windows または Linux PC 上で、管理されたデスクトップを提供する最良の手法
  • 幅広い種類のオペレーティング システムをサポートすることで、優れた互換性を実現
  • Workstation Pro または Fusion Pro で作成された制限付き仮想マシンを実行
  • 最新ハードウェア上の仮想環境で、Windows XP または Windows 7 の実行が可能

2011 年以降にリリースされたプロセッサーを搭載するシステムがサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • 2011 年の Bonnell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom Z670/Z650、Atom N570)
  • 2012 年の Saltwell マイクロアーキテクチャをベースとした Intel Atom プロセッサー (例:Atom S1200、Atom D2700/D2500、Atom N2800/N2600)
  • Llano および Bobcat マイクロアーキテクチャをベースとした AMD プロセッサー (例:開発コード名 「Hondo」、「Ontario」、「Zacate」、「Llano」)

また、次のプロセッサーもサポート対象です。

  • 2010 年の Westmere マイクロアーキテクチャをベースとした Intel プロセッサー (例:Xeon 5600、Xeon 3600、Core i7-970、Core i7-980、Core i7-990)
  • 3 GHz 以上の CPU
  • 2 GB 以上のメモリ (推奨 4 GB 以上)

ホスト OS

  • Ubuntu 14.04 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6 以降
  • CentOS 6.0 以降
  • Oracle Linux 6.0 以降
  • open SUSE Leap 42.2 以降
  • SUSE Linux 12 以降

ゲスト OS

200 以上のオペレーティング システムがサポートされています。その一部を次に示します。

  • Windows 10
  • Windows 8.X
  • Windows 7
  • Windows XP
  • Ubuntu
  • Red Hat
  • SUSE
  • Oracle Linux
  • Debian
  • Fedora
  • openSUSE
  • Mint
  • CentOS

サポート対象のホスト OS およびゲスト OS については、VMware の互換性ガイドを参照してください。

VMware Workstation Player は、次の 64 ビット Windows または Linux ホスト OS で動作します。

  • Windows 10
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • Ubuntu 16.04
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1
  • CentOS 7.1
  • Oracle Linux 7
  • openSUSE 13.2
  • SUSE Linux Enterprise Server 12

最新のオペレーティング システム サポートについては、VMware の互換性ガイドを参照してください。

*VMware Workstation 15 Player を実行するには、64 ビットのプロセッサーと 64 ビットのホスト OS が必要です。

*Intel 「Nahalem」 以前の CPU はこのリリースではサポートされていません。

合計

9,925円

価格には消費税が含まれます

発注書